2016年4月12日火曜日

特注ギグバッグ。




皆様こんにちは。

本日は特注のギグバッグが納品されましたので、ご紹介させて頂きます。

昔に比べギグバッグの種類も豊富にはなりましたが、
その大多数がトラディショナルなモデル向けばかりで、
変形ギターや、セミアコなどのボディー形状が特殊な物にはあまり
対応していません。

特に変形ギターなどは、メーカー純正のソフトケースかメーカー純正ハードケース
を使用するしかありません。

大抵の純正ソフトケースはペラペラで耐久性やギター保護の観点からあまり
オススメは出来ませんし、純正ハードケースでは重たくて、電車移動の方には
厳しいと思います。

「持ち運びに優れ、ギターをしっかり守れ、耐久性もあるケース。」

今回のお客様もそんな理想を持った方でした。

しかも、オーダーのメリットを最大限生かし、「ルックス」という面でも
思いっきりこだわった仕様でオーダーして頂きました。



まずは、御覧頂きましょう。

ナスカ 特注 ギターケース
楽器用ギグバッグメーカーの中でも、
信頼度No.1ブランドとも言える「NAZCA」(ナスカ)
完全日本国内生産で、
ミュージシャンの細かな要望にも応えてくれる頼もしいメーカーです。

お客様のご希望による「チェック柄」の生地。
そして一目で変形ギターと解るそのシルエット。

実は、当店スタッフもこの「NAZCA」のギグバッグの使用率が非常に高く、
ワタクシも8年程使用しております。

そんな「NAZCA」ギグバッグの特徴をワタクシなりに挙げてみたいと思います。

・まず、とにかく「軽い」
 他メーカーのギグバッグと比べても圧倒的に軽いです。
・そして「安心感」
 ギグバッグながらもハードケース並みに固さがあり、空間をしっかりとキープ。
・とにかく丈夫
 日本製ならではの素材、縫製の良さ。そして万一壊れても修理が可能。
・使い勝手が良い
 ポケットの容量や、チャックの付き方など細部まで使いやすさにこだわっている。


ナスカ 特注 ギターケース
今回は、変形ギターなので、当店にギターをお持ち頂き、
大きな紙にギターを置き、外周をトレースしました。
内側の生地はお客様のご希望により鮮やかなピンクをチョイス。
よく擦れる場所には補強も付けてあり、長年の使用に耐えられます。
よく、内側のナイロンがビリビリに破れているケース
を我慢して使っている人も居ますよね。
そんな心配はありません。
ネックの下には枕があり、ヘッド角度の付いたギターでも
安心して収納、運搬出来ます。

ナスカ 特注 ギターケース
実際収納してみるとこんな感じになります。
当たり前ですが、ピッタリですよね。
ぱっと見ハードケースに見えます。
サイドの壁がしっかりとあるので、チャックによるキズの
心配もありませんし、ホールド感もバッチリです。



お客様に背負って頂きました。
「NAZCA」ギグバッグは、両肩で背負えます。
しかも、背負ったときのフィット感も抜群で、
元々のケース自体の軽さも手伝って
ギターが軽くなった様な錯覚をするくらいです。

店頭にレギュラータイプの「NAZCA」ギグバッグも展示しておりますので、
是非細部まで御覧くださいね。

また、今回の様なオーダーメイドも随時受け付けておりますので、
是非ご来店ください!




~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686