2016年5月30日月曜日

マルチレイヤー完成!





皆様こんにちは。

以前に当ブログでご紹介させて頂いてから、何人ものお客様に
「あのマルチレイヤーのギターは出来上がったの?」
と聞かれる事も多く、皆様結構興味を持たれている様でしたが、
ようやく完成して参りましたのでご紹介させて頂こうと思います。


以前の記事(マルチレイヤーについて)はこちら


それでは、まず作業の途中を御覧下さい。


マルチレイヤー レリック
元々サンバーストカラーでしたが、
かなり分厚く、カラーもリアルで無かった為、
塗装を全て剥がし、
再度よりリアルなサンバーストに塗りなおします。
写真からも伝わる素晴らしいサンバーストカラーです。

マルチレイヤー レリック
バインディング(白いふちどり)部分
のマスキングを剥がしていきます。
剥がすごとにクッキリ浮かび上がるラインが
気持ちいいですね。

その後、乾燥を待ち、上から白を吹いていきます。。
が、、あまりにサンバーストが綺麗に出来ているのでもったいない。。。
通常であればここで乾燥したら完成なんですが。。。
マルチレイヤーはまさに2度手間仕上げとも言えますね(笑)


マルチレイヤー レリック
やっちまいました。。。
上から白を吹いています。。。
ちなみに、最終的にサンバーストを大きく露出させる部分は
液体マスキングで隠蔽してあります。
(写真右上部分のモヤっとしている部分がそれです)
それにしても手間が掛かります。

その後、下のサンバーストが完全に隠れるまで白を塗り重ねていきます。
それが終わったらまた乾燥です。。

乾燥したら今度は液体マスキングを剥がし、傷やクラック、細かな剥がれ
などの「レリック加工」を施していきます。

が、、、ここでその技法は公表しません。

どうやっているんだろう?と色々考えるのもまた楽しいと思いますし、
手品もタネを明かしたらつまらないのと同じです。

ただ、これだけは言えますが、やり方を知っても真似は困難と思われます。
非常に繊細で熟練の技が必要なんです。



という訳で、いきなりですが、完成写真を御覧頂きましょう!


マルチレイヤー レリック
全体です。
ビンテージホワイトが剥がれ、
サンバーストが露出して、
更に一部木部も見えています。
※今回はボディーとパーツのみのご依頼なので、
ネック(ヘッド)は全く手をつけていません。
いずれネックもやりましょう!

もっと近くで細部を見たいですよね?
是非細かなディティールも見てください。

マルチレイヤー レリック
クラックもビシッと入り、塗装の剥がれかたもリアル。
擦って剥がしている某有名メーカーのマルチレイヤーとは
リアルさが全く違いますよね。


マルチレイヤー レリック
ボディーバックはベルトのバックル傷を表現しています。
ここはボディ中央付近なので、
サンバーストの黄色い部分が見えていますね。


マルチレイヤー レリック
ビンテージホワイトの部分も白さが強い部分と
黄ばみの強い部分とがあり、
本物のビンテージと見間違えそうです。


いかがでしたか?
レリックも好き嫌いはあるとは思いますが、
ただ単に汚いギターなのではなく、
「美しく汚い」を目指して製作しておりますので、
かなりの説得力を感じていただけるのではないでしょうか?

結構写真加工でそれっぽく見せている工房などもありますが、
このブログの写真は携帯、しかも今時iPhone4S(古っ)のカメラで撮り、
完全無加工で掲載しております。


店頭にレリックサンプルギターもご用意しておりますので、
気になる方は是非ご来店下さい。






~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686