2016年9月13日火曜日

ギタースタンド




皆様こんにちは。
本日は美しいギタースタンドが入荷しましたので
ご紹介させて頂こうと思います。


おそらく最も多いのが「スタンドに立てている。」だと思います。

しかし、普段お店でお客様とお話ししていると、
皆様の本当の理想は「壁にぶら下げたい。」と思っている方が非常に多いと実感します。

見栄えはもちろん、ぶら下げての保管がネックには良いですもんね。

「ギターを壁にぶら下げる。」
壁に打ち込むギターハンガーも販売されていますし、
不可能な事ではないのですが、実際には、、、
一般的な住宅の壁は石膏ボードというネジの効かない材質が使われている
事が多く、もし無理に取り付けると壁が崩れ、ギターが落下します。

あとは、ネジが打てる壁だったとしても、家にネジ穴を開ける事自体が
勇気が要りますよね。そして、奥様の居る方は許可が下りるか・・なんて
いう声も聞こえてきます。

と、そんな訳で「ギターを壁にぶら下げる。」を断念している方にこそ
オススメしたいギタースタンドがあるんです。


ではご覧ください。




Fender Hanging Guitar Stand
全体はこんな感じです。
シンプルな形ですね。
高さ(約105)横(約50)奥行(約35)cm

フック部分は、、、

木 ギタースタンド 木材
フックの部分が回転するので、
左右のバランスの違うヘッドでも
安定してぶら下げる事が出来ます。

周りのフレーム部分は、
決して高級な木材というわけではありませんが、
塗装の雰囲気とも相まって良い雰囲気です。

ぶら下げるタイプなので下側の支えはありませんが、
程好くボディーをサポートしてくれる部分がこちら。

木製 ギタースタンド
この部分がある事で、多少揺れても
問題ありません。

とこの様なスタンドなんですが、
実は、、、、「Fender」製品なんです!!

ウッディー ギタースタンド
さりげなく裏側に入れられた
シルバーのスパロゴ。
見え易い部分に入れて欲しかった気もしますが・・・

それでは、実践的にどんなギターに使えるのか、検証してみましょう。
ネット上でもほとんどレビューが無く、サイズすらきちんと分からないですね。


まずはストラトキャスターですね。

ぶら下げ ギター ベース スタンド
全く問題ありませんね。
当然、テレキャスター、ジャガー、ジャズマスターなどの
Fender系は全て大丈夫です。
GibsonレスポールもOKでした。

続きまして、ベースはどぉなの?という事でやってみました。


木製 ベーススタンド
下は当たってそうに見えますが、
当たっていません。
きちんとぶら下がっています。
プレべももちろん大丈夫でした。


続いて、変形ギターです。
変形ギターを使っている方は、スタンド選びは一苦労ですもんね。
ご覧ください。

変形ギター スタンド
エクスプローラです。全く問題ありません。
フライングVも試しましたが、OKでした。


そして最後は、、、アコースティックギターです。

アコースティックギター スタンド 木製
少し斜めにはなりますが、
気になる程ではありません。


と、すべてのギター、ベースとは言い切れない(試していない物もある)ですが、
かなり対応の幅の広いスタンドと言えるでしょう。

そして、「立て掛け」ではなく、「ぶら下げ」の状態で保管出来るので、
ネックにとって非常に理想的なスタンドと言えます。

また、インテリア性も非常に高く、元々カッコ良いギターをより美しく演出してくれます。

サイズに関しても、床面積的には、
よくある数百円のスタンドの脚を3本足を広げた状態とほぼ変わりません。
写真だと大きく見えるかもしれませんが、意外と省スペースに収まります。

思わず所有楽器の本数分手に入れて、並べてみたくなりますよね!







~お問い合せ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686