2016年9月3日土曜日

プロトタイプ完成!





皆様こんにちは。

本日は、大野楽器オリジナルブランド「Bruno」(ブルーノ)より
発売を予定しているエフェクターのプロトタイプが完成致しましたので、
ご紹介させて頂きたいと思います。



まずは、製作過程を御覧頂きましょう。

今回エフェクターを製作するにあたり、サウンドはもちろん、
ルックス的にもこだわりたく、、
せっかくのショップブランドなので、メーカー品には無いような物を
生み出したいという思いで挑みました!


Bruno Drive オーバードライブ
デザインと設計をし、その設計通りに
5mm厚アクリル板に写し取り、
テンプレート(型)を製作します。


ここまでで、アレ?と思った方は鋭いと思います。
そうです、エフェクターの製作になんでテンプレートが必要なのか?
ふつうエフェクター製作と言えば基板に半田付けして、
汎用アルミケースに収めて完成といった感じですよね?

その答えは次の写真でお解かり頂けるかと・・・。


Bruno Drive オーバードライブ
まずはじめに、写真下部の「ブラックサンダー」は
関係ありませんので、気にしないで下さい(笑)

本題に戻ります。
マホガニー材に先程製作したテンプレートを固定し、
ルーターで掘ります。

そういうことです。
今回のエフェクターは筐体が「木材」で出来ています!
しかも、ギターに使う木材と同じハイクオリティーな木材。
「マホガニー」材を使用します。しかも削り出しで!

Bruno Drive オーバードライブ
ひとまず、基板が収まる部分の
掘り(ザグリ加工)が終わりました。
まだまだ加工は序盤です。
続いて・・・

Bruno Drive オーバードライブ
もう一枚テンプレートを製作し、
バックパネル(蓋)が納まる部分を
2mm落とし込みます。

すると・・・


Bruno Drive オーバードライブ
この様な感じになります。
あくまで「削り出し」なので、
貫通はさせません。
接着加工もしません。
大変手間の掛かる贅沢な作り方です。

ここまでで内側の加工はひと段落といった感じで、
この後はいよいよ外周の加工に取り掛かります。


Bruno Drive オーバードライブ
外周はバンドソーという機械で
切り出していきます。


切り出した物にボール盤を使い穴あけ加工を施し、
やっとエフェクターらしき物体が姿を現します。

Bruno Drive オーバードライブ
裏から見た写真です。
インプット、アウトプットジャックの穴、
電源用の穴、
LEDの穴、各ツマミ用の穴3個、
スイッチ用の穴、
がキレイに空けられています。

左下部の出っ張りは、
フットスイッチ付近で一番力が掛かる部分なので、
強度確保の為に残してあります。

無垢の木材なので、絶対割れないという保証は
ないので、出来る限りの事はしています。


ここからは、より細かな加工です。

Bruno Drive オーバードライブ
表側の外周を少し削り、
段付き加工しました。
これがどうなるのか・・・
つぎの写真を御覧下さい。
Bruno Drive オーバードライブ
そうなんです。
なんと、ギターに使われる、
「バインディング」(アイボリーの部分)
が施されています。

と、ここまで来れば勘の良い人は
コンセプトも理解出来てしまうと思います。

そうなんです、ギターの「レスポール」をモチーフにしているんです。

ここからは「塗装」の工程に入るので、
「レスポール」感がみるみる増していきます。
御覧下さい。


Bruno Drive オーバードライブ
下地を塗り、
バック側を塗装した所です。

Bruno Drive オーバードライブ
トップは、、
名器「Gibson LesPaul 1956 Gold Top」と同様
ブラスパウダーを使用したゴールドです。
その後、
当たり前ですが、回路の製作、
バックパネルや、ジャックパネルをワンオフで製作。

それらを全て組み上げ、完成したのが、、、



Bruno Drive ブラスパウダー塗装 ゴールドトップ
こちらです。
なんと、レリック(アンティーク)加工までしてしまいました!!
クラックがビッシリ入って、最高にクールなルックスですね。

後ろに写る大野楽器オリジナル
「ストラトポール」
にも似合いますね(笑)


Bruno Drive オーバードライブ
バックパネルは「ブラウン」のアクリル板です。
このコダワリについては、コチラを参照してください。
もちろんこのバックパネルも手加工でワンオフで製作。

そして、マホガニーの木材としての美しさが
感じられますよね。



Bruno Drive オーバードライブ
ジャックパネルもオリジナルデザイン。
「レスポール」のジャックパネルをモチーフに、
アイボリーの素材で製作しています。




かなり長々としたブログとなってしまいましたが、
最後まで読んで頂き、有難う御座いました。


このプロトタイプをライブハウスに持ち込んで、
しっかりとライブを想定した音量でテストをし、
多少の改善点もありましたが、
小修正を加え、Bruno Drive「完成」いたしました!





~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686