2019年1月13日日曜日

10.8mmピッチ。



皆さまこんにちは。
先日の記事を読んでいただいた方からお問い合わせがあり、
店頭でも複数のお客様から同じようなご質問がありましたので、
それについて詳しくご説明させていただこうと思います。

そのお問い合わせとは、、
10.8mmピッチのストラトタイプのブリッジについてです。

先にお断りしておきますが、
このブリッジの詳しい型番などは公表するつもりはありません
このブリッジに辿り着くまでに相当の苦労があり、
当然、多くの無駄な出費もあり、そのうえでやっと見つけたモノなので。。
大変申し訳ございませんが、ご了承下さい。
勿論、パーツ販売はしておりますので、ご購入をご希望のお客様はお気軽に
ご連絡ください。


と、いきなり堅苦しい文章になってしまいましたが、、、
まぁ色々な方がいらっしゃるので・・・。お察し下さると幸いです。


さて、気を取り直して。。

まず、ギターの弦と弦の間隔を「ピッチ」と言います。
その「ピッチ」は楽器によって様々な物があります。

代表的なギターのピッチを見てみましょう。
ちなみに、ギターの世界は「ミリ」と「インチ」が混在していて、
測り方や、ミリインチ表記の差異により若干の誤差がありますので、
あらかじめご了承ください。
また、基本この記事上では、解り易さを優先したいので、「ミリ」表記で
ご説明していきます。

ストラトキャスター・・・11.3mm
レスポール・・・10.5mm

そうなんです。この超代表的な2モデルでこれだけの違いがあるのです。
一つの駒あたり、0.8mmの違い。数字だと1mm以下の微々たる差と思う方
もいらっしゃるかもしれませんが、、
実際には1弦から6弦の距離だと×5になりますので、
11.3×5=56.5
10.5×5=52.5
差が4mmもあります。こうなってくると無視できない差なのでは?

中には、レスポールからストラトに乗り換えたんだけど、
「何となくストラトは弾きにくい。」という印象を持ったかたも少なくない
のでは?
もちろん、他にも要因はありますが、このピッチの差のせいもかなりあると思います。

そこで、ストラトの11.3mmをなんとか狭くする方法は無いかと。。
しかも取り付けはそのまま「ポン付け」出来ると良いなぁと。。

そこで、まず、ちょっと調べれば出てくるモデルが、
GOTOH 510T-SF2 というモデルですね。
取り付けネジのピッチは11.3mmのままで、
弦間ピッチが10.8mmとなっているモデルです。
10.8mmピッチ ストラト

もちろんこれが悪いという訳ではありませんが、
見た目が近代的な雰囲気になってしまいます。
それから、背面のブロック部分も独特な形状で、弾き心地も大分変ってしまいます。
裏からの写真はこちら。
10.8mmピッチ ストラト
そして、致命的なのが、個体にもよりますが、アームを支える部分の根元にある
真鍮色のナットが大きすぎて、ギター本体のザグリに干渉する場合があるんです。


やはり、ワタクシとしては、表面のルックスもビンテージスタイルで、
中身のブロック部分も慣れ親しんだ通常の形状のスチールブロックが望ましいです。

その他の色々なパーツメーカーの物も検証し尽くした結果、、、
このパーツに辿り着きました。

写真でご覧いただきましょう。
10.8mmピッチ ストラト

いかがでしょうか?表側からのルックスは、特に大きな違和感はありませんよね。
そして、裏からは・・・

10.8mmピッチ ストラト

裏はこんな感じです。この伝統的なスチールブロックが落ち着きますよね。

そして、取り付けは・・・

10.8mmピッチ ストラト

黄色い●が11.3mmピッチ。元々の取り付けピッチと同じですね。
そして、赤い●が弦の通る部分で、10.8mmピッチです。
したがって、黄色の●よりも赤い●がやや内側にずれているのが写真でも
お解りいただけると思います。
つまり、11.3mmピッチのストラトを無加工で10.8mmピッチに変換出来たうえ、
見た目は全くと言って良いほど変わらないという素晴らしいブリッジなのです!!


当店ではこれを更にひと手間掛けて、
サドル(駒)をRawVintageのPure Steel Saddlesに変更し、
搭載するパターンが多いです。


この11.3mmから10.8mmへの変更、
比較的手の小さい我々日本人には最適なチョイスだと思います。
また、レスポールからの持ち替えにも違和感が少なくなります。
そして、ビブラート時にも「弦落ち」しにくくなるというメリットも付加されます。

非常に平凡な表現にはなってしまいますが、
「メチャクチャ弾きやすくなります!」
ストラトに慣れている方も是非お試しください。

遠方のお客様でも販売致します。
ご注文、金額等のお問い合わせは、下記までお願いいたします。
info@ohnogakki.jp
048-986-8686
(水曜定休)





~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686